インドア系フラヌール

日記に見せかけた怪文書

最近はウマ娘のやつをやってる

いつの間にかゴールデン・ウィークが終わっていた。

仕事と、ウマ娘のゲーム以外はほとんど何もしなかった。

育成ゲーム、結構好きなので、こりゃハマったら危ないな〜と思ってなかなかやらなかったのだけど、やってしまったら案の定みごとにハマった。

アプリをダウンロードしてから1週間ぐらい、途中忙しくて3日間ぐらい触っていなかったので、今は正味4日目ぐらいか。さっきやっと、初めて”うまぴょい”できた。課金すればすぐに強くなるんだろうけど、無課金勢にはほどよい難しさがあって飽きない。ちなみに攻略サイトなどは見てない。

 

人生が育成ゲームだったらいいな、と思ったことない? 私はあるよ。いろいろなスキルが数値化されていて自分の現状や、次にどこを伸ばせばいいかがひと目で分かり、選択肢が絞られていて、成功にせよ失敗にせよその場でフィードバックがあり、次に生かせる……リアル・ライフもそうだったらいいと思わない? まあそうじゃないから人間なわけだし、そうじゃないからこそおもしろいこともあるのだけどね……。

しかし、いわゆるビデオ・ゲームができてからももうだいぶ経つのに、今もなおそういうシステムのゲームがずっと流行っているってことは、私だけじゃなくて、人類全体の隠れた理想というか願望みたいなのがあるんじゃない? と思ったりもする。前の段落と言っていることが矛盾しているが、それが本当に実現してしまったら恐ろしい気もするけどね。まあ現にそうなる可能性は現時点では限りなくゼロに近いので、ゲームはゲームで楽しみつつ、ウマ娘(やパワプロくんやときメモの主人公)は日々成長しているのにどうして俺は……とギャーギャー騒ぎながら生きていくしかないんでしょうね。そもそも、人間や社会が日々成長する(良い状態になっていく)、という前提そのものがおかしいですが……。

 

まあそういうわけで、ウマ娘プリティーダービーというゲームはなかなかおもしろいです。ゲームのなかのサクラバクシンオーのキャラが好きなので私も翻訳界のサクラバクシンオーを目指そうかなと思いました。バクシンバクシン! やっぱりやめときます。

 

ちなみに今日(日付的には昨日)の京都新聞杯はみごとに外しました。ウマ娘のレースでは勝てるのにどうしてリアル馬は……。

明日からもまたそうやって嘆きながらやっていこうと思います。

 

 ―――――

あ、こんな駄文を書いたあとにアレなんですが、ちょっとしたお知らせを。最近は『クーリエ・ジャポン』の翻訳もやらせてもらっています。最近はこういうものをやりました。

courrier.jp

courrier.jp

 

基本的に有料なのですが、世界中の信頼できるメディアの記事を、ニュースからコラムまで、オールジャンルで取り扱っているサイトです。日本のメディアでは取り上げられない情報を得られたり、おもしろい読み物があったりするので、会員登録の価値ありです。ぜひぜひ。